神経ブロック注射とは

脊椎外科のイメージ写真

神経ブロック注射は、痛みの原因そのものを治療するために行われるものではなく、薬剤には局所麻酔薬が使用されることが多いのですが、同薬には痛覚の伝導(痛みの悪循環)を一定の時間ではありますが遮断することから鎮痛作用の効果があると言われています。なお、一口に神経ブロック注射と言いましても種類は様々あります。当院では以下の神経ブロック注射を行っています。いずれの注射にしましても30分程度は院内のベッドにてお休みいただきます。なお重篤な副作用は報告されていませんが、注射部位に痛みやしびれ、皮下出血などがみられることはありますが、これらは一時的なものです。

腰部神経根ブロック注射 
Root Block

神経根(しんけいこん)とは神経の枝(えだ)のことです。背骨(せぼね)に囲まれているトンネル(脊柱管せきちゅうかん)脊髄神経が通っています。手・足に神経が張り巡らすために、脊柱管(せきちゅうかん)の横に開いている小さい穴(椎間孔)を通って、手・足に張り巡らされます。

腰部神経根ブロック注射は、腰の痛みが強い、あるいはお尻から足にかけて痛みやしびれがあるという方に対して行われます。腰部の神経根に向けて注射を打つわけですが、その際はX線の透視下で部位をしっかり確認して正確に打つ必要があります。この場合は、痛みの元とされている神経に直接注射を打つことになりますので、神経ブロック注射の中でも効果が高いと言われています。主に腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症の患者様などに使用されることが多いです。

頚部硬膜外ブロック注射 
Epidural Block

脊髄は硬膜と呼ばれる膜に包まれているのですが、その膜の外側にある硬膜外腔(血管やリンパ管が通っている)に薬剤(局所麻酔薬)を注入して、血行を促進させるなどして痛みを緩和させるというのが硬膜外ブロック注射です。腰部や仙骨に打つこともありますが、頚部硬膜外ブロック注射は首の付け根付近に打ちます。これによって、首から背中、あるいは手、頭で起きるとされる痛みやしびれの症状を緩和させる効果があるとされています。頸椎椎間板ヘルニア、頸部脊柱管狭窄症などの患者様によく使用されます。なお、脊椎の手術経験がある方、抗凝固薬を使用されているという場合は、受けられないことがあります。

星状神経節ブロック 
SGB 注射

星状神経節とは、頸部に集中している自律神経のことを言います。大体は喉ぼとけの脇にあるとされていますが、その部位あたりに神経ブロック注射を行います。これによって一時的に交感神経を麻痺させて、その間に人が本来持っているとされる自己治癒能力を高めて、症状を改善させていくという治療法になります。この交換神経ブロックによって血管は拡張し、血行が促進されるようになるのですが、それによって一時的ではありますが、注射後に眼瞼下垂、縮瞳などのホルネル症候群がみられます。なお注射時は、細い針を使用することから痛みを感じることはほとんどありません。

主に首から背中の間で起きている痛みやコリ、慢性の頭痛である筋緊張性頭痛といった症状を和らげる効果があるとされ、頚椎症、頸椎椎間板ヘルニア、五十肩といった患者様に行われるほか、自律神経失調症の患者様に使用することもあります。ちなみに抗凝固薬を使用されている方は事前に医師へご相談ください。当院では安全性を高めるために超音波エコーガイド下に星状神経節ブロックを行っています。