スポーツ整形外科とは

スポーツ整形外科のイメージ写真

スポーツによって発生した外傷や障害を中心に扱う診療科がスポーツ整形外科です。日常生活が原因で発症する運動器の症状とスポーツが原因のけがというのは、治療や回復(リハビリテーション)方法が異なり、判断が難しい局面があります。当院での日本スポーツ協会認定スポーツドクターによる診察および理学療法士によるリハビリテーションをお勧めします。

なおスポーツによる負傷というのは大きく2つに分類されます。具体的には、スポーツ中に生じた強い外力によって負った損傷をスポーツ外傷、過度の負荷を長期的に繰り返されることで発生した損傷のことをスポーツ障害です。いずれにしましても、スポーツが原因の傷害につきましては、初期治療が大切です。治療をするにあたっては、けがからの早期回復と今後の予防といった点に注力し、重症度、年齢・性別、種目などの詳細な要素を十分に考慮したうえで行ってまいります。

スポーツ傷害が原因で発生する主なスポーツ外傷とスポーツ障害

スポーツ外傷

  • 突き指
  • 打撲
  • 骨折
  • 脱臼
  • 捻挫
  • 切り傷
  • 靭帯損傷
  • 腱断裂
  • 肉離れ など

スポーツ障害

  • 野球肩
  • 野球肘
  • テニス肘
  • テニスレッグ
  • ゴルフ肘
  • ランナー膝
  • ジャンパー膝
  • アキレス腱炎
  • 疲労骨折 など

PT(理学療法士)によるリハビリもご利用ください

なおスポーツ整形外科を受診する患者様は、治療後も同じスポーツを続ける方が大半です。そのため、当院では単に治療をするだけでなく、再発をできる限り予防するためのリハビリテーションとして、医師の指示のもと、在籍するPT(理学療法士)と共に筋力強化、ストレッチング、運動動作指導なども行っています。こちらもご活用ください。

また、再発予防を防ぐには、運動前のウォーミングアップ、スポーツ時の正しいフォームを身につける、運動中の適度な水分の補給、オーバートレーニングに注意する、運動後のクールダウンといったことをしっかり実践する必要があります。この辺もしっかり踏まえたうえで、今後は取り組んでいきましょう。