小児整形外科とは

小児整形外科のイメージ写真

整形外科は、乳幼児からご年配の方まですべての世代を対象としているのですが、小児整形外科は、成長期のお子さんを対象としています。成人になる過程において発達段階にある小児の運動器で起きた病気やけがなどをこれからの成長を考慮しつつ、診療していきます。

当院長は勤務医の頃から小さなお子さんの運動器で起きたあらゆるけがや痛みの対応にあたってきました。見た目だけでは、ちょっとしたけがだと思っていても、骨格や筋肉が成長過程にあるがために小児特有の疾患を発症していたという可能性も考えられるので、けがや症状の程度に関係なく速やかにご受診ください。

小児整形外科の主な対象疾患

  • 発育性股関節形成不全
  • 股関節臼蓋形成不全
  • ペルテス病
  • 大腿骨頭すべり症
  • O脚
  • X脚
  • 小児期扁平足
  • 先天性内反足
  • 脚長不等
  • 小児の骨折
  • 歩容異常
  • ばね指
  • 脊椎異常(先天性側弯症、特発性側弯症)
  • 腰椎分離症
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 先天性斜頸(筋性斜頸)
  • 環軸椎回旋位固定 など